保険ショップでおすすめはどこか聞いてみる

ここで私が考える保険のあり方について述べさせていただきましょう。「支払う保険料が現実の生活費を圧迫しない程度で買える死亡保険金額J「保険料を滞りなく支払いつづけて、もし万が一の時に役立つものJこれが保険だと考えています。

たとえば死亡保険というのは、一家の働き手が死んだ場合を想定して加入する保険です。そこには、悲しむべき死と家族の幸福という、相反する2つのテーマを仮想しながら考えなければならない矛盾があります。

すべての家庭に、将来に向けた生活設計というものが、ぱく然としたもので、あっても必ずあるはずです。

家族みんな心を1つにして笑顔で暮らす関係でありたいとか、子供には学業に専念させ余分な苦労はかけないようにしようとか。将来の夢というのは大きければ大きいほど、不安も比例して大きなものになります。

そして、この「将来の夢Jがクセモノなのです。保険会社の外務員が、その不安をあおり、増幅させてしまうのは簡単なことです。でもよく考えてみてください。

起こるかどうかわからない不安にお金と時間を使うよりも、もし万が一あなたに死が訪れても、精神的に挫折することなく生活できる知恵を日々子供に授けておくことのほうが、はるかに大切ではないでしょうか。

もちろん、家族の未来における生活設計も夢も必要です。しかし、あなたが家族に提供している今の“衣食住+“家族の和み”は、あなたにしか提供できない最高の愛情表現ではないでしょうか。

もう、お金さえあれば生きていける世の中ではありません。将来の金銭的な不安を生命保険で解消しようとすればするほど、支払う保険料は増大して、今の家族の和みを削っていく結果になります。

ですから死亡保険金は極力少なくして、保険会社に支払わなくてよい分の使い道をどう考えるかです。それについても、おいおいお伝えいたしましょう。

その際に、家計を圧迫するほどの「生命保険の掛金」は論外といってよいでしょう。現実の生活の中で目標設定できる貯蓄額が、あなたの力で家族に提供できる経済的なキャパシティです。

将来の不安をカバーするために生命保険を買うよりも、まず、現在の年収分くらいまで貯蓄をすることが優先事項です。億万円以上の資産があって手数料を支払ってもプロに任せたほうが良い場合を除いて、貯蓄は人任せにしないことに限ります。

Read More