保険相談の窓口はどこがいいか?

相続税の課税価格を下げる努力をしてきました。しかし、バブル時代の崩壊とともに、資産価値が減少し、残ったものが借金だけになってしまい、確かに相続税の納税は免れたとしても、残された相続人に借金の返済がつきまとう( メになってしまった例は少なくありません。

その結果、相続対策というイメージの悪さだけが残ってしまい、生命保険の本来のよさまでもが見失われつつあります。相続対策とは、単なる節税対策のことではありません。では、相続対策とはどのようなものでしょうか。一般的に相続対策といえば、相続税の納税が発生する資産家だけのことのように見られがちですが、そんなことはありません。

相続対策とは、相続税の納税額を下げることだけでなく、分割をスムーズに行わせたり、相続税が出るような場合でも自宅などを処分せずに相続税の納税ができるようにすることであるといわれています。

つまり、節税対策、分割対策、納税対策が柱となっています。どれか一つでもかけてしまうと、思いもかけない争いになってしまうことがあります。ある意味で、相続対策とはそういった防止対策といってもよいでしょう。では、なぜ相続対策に生命保険が有効なのか。

バブル時代が崩壊し、相続税の納税などはもう心配しなくても大丈夫、という人が増えてきていますが、分割などの問題や相続人同士の問題などは解消することはできません。また、相続税の納税が必要な人でも、納税資金について意外と困っているケースがあります。そんな中で脚光を浴びているのが、物納の制度です。

物納の制度とは、相続税額を一括で納税することが困難な場合に、不動産や株式などで相続税をかわりに納税する制度です。しかし、この物納の制度は、手続きがかなり長期化したり、国が受け取ってくれる財産は限定されており、何より現金で一括納税することが国にとっても納税者にとっても一番良い方法なのです。バブル時代は不動産を使った相続税の節税対策が主流でしたが、こと納税になると効果が期待できない時代になってしまいました。そ

こで近年においては、相続対策の3 つの柱に対して柔軟に活用のできる生命保険が注目を集めています。生命保険は少し勉強をすれば素人でも安全で効率的に活用することができます。ところが、この生命保険も加入の仕方一つで無駄なお金を支払ったり、払わなくてもすむはずの税金を払わなければならなくなることがあります。

例えば、1 年間の医療費の金額が30万円で、生命保険からの給付金が12万円あった場合、30万円-12万円=18万円が医療費の金額となり、18万円-10万円=8 万円が医療費控除として控除されます。所得税10%、住民税5% の場合、所得税8000 円、住民税4000 円か還付されることになります。

保険の窓口で相談

Read More

生命保険にはどんな種類があるのか

セールスレディーに勧められるままに保険に加入していたのでは威貝い買物をしているとはいえません。

にもかかわらず、なぜセールスレディーに勧められるままに保険に加入してしまうことが多いのでしょうか。それは、保険を十分に吟味すべきことはわかっていても、あまりに種類が多すぎて、どれも同じに見えてしまい、その結果、選ぶ気力をなくしてしまうからです。

簡単にいえば、保険という商品の内容がわからないからといえるでしょう。たしかにパンフレットを見ていると、生命保険や損害保険は何百種類もあるように見えます。

しかし、これを保障内容で整理していくと、実際はとてもシンプルなことがわかります。生命保険の商品は次の三種類に分けることができます。

③死亡保険……定期保険・終身保険・定期付終身保険など
②生存保険……年金保険③生死混合保険……養老保険など

③生死混合保険……養老保険など

■死亡保険死亡保険とは、保険をかけられている人(被保険者)が死亡した場合などに保険金を受け取ることができるものです。これには、定期保険や終身保険などがあります。

この三つが保険の基本型となり、それぞれに特約などをつけてバリエーションをもたせているので死亡保険、生存保険、生死混合保険はどういったものなのか。

保険と一口にいいますか生命保険と損害保険は似て非なるものです。簡単にいえば、生命保険が「ヒトの保険」であるのに対し、損害保険は「モノの保険」ということです。つまり、生命保険は人間の保障が目的であるのに対して、損害保険は、不慮の事故などによる財産の損害を補償するということです。

損害保険には、モノの保険以外に人を対象にした保険もあります。自動車保険の中の対人補償などがそうです。これは、命を財産とみなしたものといえます。

損害保険の主なものには「火災保険」「傷害保険」「自動車保険」などがあります。保険金額は、保険をかけるモノの価値によって決まります。たとえば、一○○○万円の価値しかない財産に一億円の保険をかけても、一○○○万円以上の部分は無効になるというわけです。万が一のときでも一○○○万円の保険金しか払ってもらえないのです。

Read More